トレポンとは(PTWについて)

トレーニングウェポン、通称トレポンとは

トレーニングウェポン、通称トレポンとは日本の企業SYSTEMA社(システマ)が開発したアメリカの軍や警察機関でのトレーニングでの使用を目的とした訓練用の電動ガンです。

※厳密にはトレーニング用の武器であればトレーニングウェポンと呼びますがここでは電動ガン業界で一般的にトレポンと呼ばれる銃の説明とさせていただきます。

PTWとは

システマ社のトレポンは「Professional Training Weapon」といいます。
トレポンはその略でPTWと呼ばれてもいます。

トレポンと他の電動ガンとの違い

米軍や警察での訓練用の銃とは言え、日本国内で販売されているトレポンは当然のことながら銃刀法に適合したものであり、東京マルイなどが販売している電動ガンと同じようにサバゲーなどでも使うことができるトイガンです。

トレポンと他の電動ガンの外観、寸法の違い

前述したようにもともとが軍関連のトレーニングに使用される銃のため、実銃により近づけるために操作方法はもとより、重量のバランスや外形の寸法などがほぼ実銃と同じになっています。

グリップ部分に関しても実銃に近いサイズで、他社電動ガンと比べると厚みが薄くなっており、握りやすくなっています。

 

ガスチューブ部分もリアルに再現されており、デルタリングアッセンブリーやバレルナット、アッパーのフロント部分もインチサイズにてネジが切ってあるため様々なハンドガードが無加工にて取り付けが可能となっています。

他の電動ガンと外観、寸法を比較した時のメリット

実銃と同じ寸法で作ることで発生するメリットは、見た目の問題はもちろんのこと、実銃用の外装パーツの多くが無加工で取り付け可能となることです。

実銃に近いリアルな電動ガンが欲しいユーザーにとって大きな魅力となっています。

トレポンに取り付け可能な様々なパーツ

ロアレーシーバーをはじめとした各部がリアルサイズとなっているため、実物マガジンなど様々なパーツが取り付け可能となっています。

アッパーレシーバー、マガジン、ハンドガード、トリガーガードなどが様々カスタマイズでき、マグプルPTSやダイタックなどお好きなパーツの取り付けが容易となっています。

トレポンと他の電動ガンのモーターやギアなど内部構造の違い

 

システマ社のトレポンは電動ガンとしては世界初のCPU搭載電子基板による電子制御となっています。

これによって、今までの電動ガンでは味わえなかったトリガーレスポンスが生まれます。
とくにセミオートでの使用は従来の電動ガンにはない鋭いキレとなります。

マガジン部分は弾がなくなるとボルト・ストップ機能が作動する仕組みになっています。

トレポンのメンテナンス、カスタムについて

トレポンは従来の他社の電動ガンと比較すると非常にメンテナンスがしやすいのも特徴です。

シリンダーやギアボックスが各ユニットに分かれているため、メンテナンス時、カスタム時に取り扱いしやすい構造となっています。

 

トレポンを購入するにあたっての選択肢

トレポンと他の電動ガンのもう一つの大きな違いは販売されている形式にあります。

他社の従来の電動ガンは完成品がそのまま販売されているのが普通ですが、トレポンは完成品はもちろんのこと、自分で組み立てをするキット販売が行われています。

キットに関しては複数の種類があり、それぞれ入っているパーツが異なり、必要に応じて、完成まで可能なチャレンジキットと一部の部品のみが入ったバリューキットなどと、いくつかの中からキットを選択できるようになっています。

そのため、完成品が欲しいユーザーから組み立て及びカスタムがしたいコアユーザーまでといった幅広い層の方たちがさまざまな選択肢で購入が可能です。

トレポンの種類

■MAX2 (マックス・ツー)
SYSTEMA標準のギア比を持つタイプで、通常のサバゲー等でも十分な性能。

■Super MAX2 (スーパー・マックス・ツー)
ギア比がより力強いハイトルクタイプで、
連射サイクルは遅くなりますが耐久性や確実な動作を得られます。
その他一部部品の材質、仕上げに違いあり。

■MAD MAX2 (マッド・マックス・ツー)
ハイパワー&ハイトルクタイプで、
7512型モーターを国内では異例の14.4V / 1400mAh LIPOバッテリー(付属)で駆動。
さらにM175シンダーの生み出す迫力は圧巻でありながら国内規制値に準拠。
その他一部部品の材質、仕上げに違いあり。

トレポン完成品とキットの大きな違い

バリューキット、チャレンジキットなどの組み立て製品と完成品を購入する場合の部品以外の大きな違いは完成品に関してはメーカー管理のシリアル番号と、システマ独自のフェニックス(不死鳥)の刻印が入りますが、キットに関しては無刻印となります。

※ 刻印に関してはお客様のご希望の刻印をオーダーにて入れることが可能です。

コルト(COLT)、ダニエルディフェンス(Daniel Defense)、BCM、ノベスキー(NOVESKE、ノベスケ)、HK、ナイツ(Knight’s Armament)などお好きな刻印が可能です。
また、完全オリジナルでチームロゴなども可能ですのでご相談ください。

 

バリューキットとチャレンジキットの中身の違い

キットに関しては内容物がそれぞれ異なりますので、購入の際はご注意ください。

※ 内容物に関しての詳細は変更がある場合がございますので通販サイトの個別ページにてご確認ください。

アルティメット チャレンジキット

未完成品・組立キットでモーター、ギアボックスも組み込みが必要な上級者向けのキットです。

Professional (プロフェッショナル) チャレンジキット

モーターやギアボックス等が半完成の状態の組み立てキットで上級者向けの製品となります。

バリューキット1

 

レールシステムやサイト類を選ぶ際に適した構成のキットです。

バリューキット2

 

レシーバー交換を希望される方に適した構成のキットです。

バリューキット3

 

P.T.W.の主要機関部モーター、基板3 点とギアBOX のみのキットです。

チャレンジキットの内容の詳細、購入はこちらへ

バリューキットの内容の詳細、購入はこちらへ

トレポンカスタムのご相談、パーツ販売

ドラゴンフォースでは上記キットを使ったオリジナルコンプリートカスタムや、お客様のご希望のカスタム電動ガンの製作を行っております。

こんな銃が欲しい、というご要望がございましたらお気軽にご相談ください。

また、様々なバレルやハンドガードといったカスタムパーツを販売しておりますのでお好きなパーツを選んで世界にたった一つのあなただけの銃を製作することができます。

ドラゴンフォースではそのままでは付かないパーツ類もお客様の要望に合わせ、加工して取り付けを行っていますのでお気軽にご相談ください。

ORGAやダイタックなどのバレル、ハンドガードを使用し、好きな長さの銃にすることも可能で、お客様のサバゲースタイルのあった銃を制作できます。

バレルやハンドガードなどトレポンカスタムパーツに関しては個別でご購入することもできます。

トレポンカスタムパーツはコチラ

カスタムに関するご依頼、詳細はコチラ

ドラゴンフォース コンプリートカスタムPTW

過去にドラゴンフォースで製作したオリジナルトレポンです。

お客様のご要望で同じ仕様で製作が可能です。

※ 入荷不可なパーツを使用の場合などは近いパーツをご提案いたします。

コンプリートトレポン一覧

シェアする

フォローする