究極のエアコキ VSR改「薄い人」スペシャル

いかに壁から出ないか、それをVSRでやってみた

サバゲーで「薄い人」という言葉がありますね。

壁などの遮蔽物から極力、顔、体を出さずにプレイする人です。

ドラゴンフォースのお客様にも「薄い人」たくさんいます。

そんな「薄い人」用の究極VSRを作ってみました。

具体的なご要望は以下の通り(twitterにあった文面そのものです)

「VSR10にM4のストックを斜めにつけてこのフォアグリップをメインのグリップにして、M4ショートマガジンつないで多弾にしたいんです。」

実際のツイートはコチラ

ということで加工開始です!

VSRのおしりをぶった切る

まずはスナイパーライフルの特徴の一つの大きなお尻部分を切って、別のストック(M4用)をねじ込んであります。

これで重量、取り回しの良さが格段に変わります。

多弾マガジンを気合で付ける

 

VSRの純正品に多弾マガジンを取り付け。

上部が開閉式でBB弾を入れやすい優しい仕様。

究極の「薄い人」仕様、壁から出ない握りこぶし

 

グリップ部分を可動式にして、グリップを握ったときのこぶし位置を好きな角度へ持っていける仕様となっています。

左右どちらにも曲がるので左利きにも優しい作り。

握り方と構え方で、ここまで薄い人になれる

 

ご覧のように遮蔽物からのぞいた時に、グリップ部分が外に出なくなりました。

銃本体よりこぶしが出ないというのがわかっていただけるでしょうか?

これで数%は被弾率が下がります。

まさに究極の「薄い人」の考え方ですね!

ドラゴンフォースではお客様の「こうしてほしい」にお応えします!・・・が、たまに「それは無理!」という場合もあるのでご了承ください。

VSR一覧